SBI FX口コミ

イマークSを1ヶ月飲み続けその効果を検証

MENU

イマークSを1ヶ月飲んでみました!

イマークS

⇦⇦ 前記事:イマークSの購入から開封までの流れ

 

先日、勤めている会社の健康診断がありましたので、その時の中性脂肪の数値をお見せします。こちらです。私は元々中性脂肪値が低く今回は最低ラインまで落ちています。

血圧は上昇していますね。今回の健康診断ではまた異常値になってしまいました。高血圧の原因として中性脂肪以外ではLDLコレステロールの増加なども考えられますが、今回の診断ではこちらも正常でした。となると単純に血管の老化かもしれません。

中性脂肪値が結構低いので、これ以上下がる前に1ヶ月で終了としました。中性脂肪はエネルギーを作るために必要なものですから少なすぎるのも怖いです。

以上、甚だ簡単ではございますが飲用1ヶ月後の状況をお伝えしました。前回の健康診断から生活習慣自体はあまり変わっていないのは事実ですが、中性脂肪の下降はイマークSの効果なのかはっきりとはわかりません。皆さんの判断にお任せです。

イマークSは普段から青魚を食べない方など、オメガ3必須脂肪酸の足りない方にとって生活習慣病予防ためには最適なサプリです。下記にも書きましたが、常に血中中性脂肪が多い状態が続くと血管にダメージが及び、取り返しのつかないことになってしまいます。

血中中性脂肪の変化

イマークSの公式販売ページでは、1日1本を4〜12週間の継続使用を勧めています。つまり3ヶ月ですね。
販売ページで公開しているグラフでは、摂取後1ヶ月で血中中性脂肪が急激に下降しています。(販売ページより)

さらに、イマークSは液体ですので、カプセルや錠剤のサプリよりも素早く浸透するような心持ちがします。トクホということで安心して飲むことができるので、より効果の安定感が増すような気もするんですね。これがさらに良い効果を招いたりするのではないでしょうか?

ニッスイが医薬品を作るために研究し開発した高純度EPA。
イマークSは医薬品レベルの高純度ではありませんが、飲み続ければ結果として、同じ方向へ向かえるはずです。

堂々と数値を掲載できるのもトクホであるがゆえです。一般的なサプリは、薬事法の関係からハッキリとした数値や特定効果を謳うことはできません。(トクホとは別に、平成27年4月から事業者の責任において「機能性表示食品」表示ができるようになりました)

トクホの強みここにあり!といったところ。

原料はイワシから抽出した魚油です。これはエパデール(EPA製剤)も同じです。
濃度と純度が違うだけと言えるのかもしれません。飲み続ければ高脂血症や動脈硬化、虚血性心疾患などの発病を予防できるでしょう。
毎日3食を外食で済ませている私にとってこれは強い味方。

EPAが600mg、DHAが260mg。厚労省ではDHAとEPAの摂取を勧めていますが、その総量が1日1gです。
イマークSを1本飲めば、そのうち8割以上を摂る事ができます。

酵素と並んでネット検索率も上がっています。ぜひチェックしてみてください。

【中性脂肪が気になる方に】ニッスイのトクホ、イマークS

こんな未来にならないように

イマークSの効果

ここからは、イマークSを活用してほしい方へ向けての思いや商品の評価、見解などを書いていきます。

まず、人は「予防」にお金を掛けないと言われています。
これってすごく良くわかります。どうなるかわからない未来ですから、
自分の思うような結果など起こらないかもしれません。

病気に限ったことではなく、予防や備えはわかってはいても、なかなか実行できなかったりします。ですが、少なくともサプリを利用する方は、何らかの病気予防をしたいと思っているはず。

近代の医学では「病気はなってから治す」ことを主眼としていましたが、今日では「予防医学」の方が注目されています。
病気にならずに天寿を全うすることは不可能。それなら健康体でいられる時期を少しでも長くし、病気になる確率を減らす方向で考えたほうがいいと思います。

備えあれば憂いなし。
これまで病気の「予防」に対してあまり考えを巡らせることのなかった方。私も加齢とともに「予防」を考えるようになりました。

統計として、中性脂肪が多い場合は動脈硬化になりやすいことは事実。
健康診断で、中性脂肪の数値が大きかった方や外食の多い方など。このまま進むとほぼ動脈硬化になります。

健康なまま長寿を全うする人はまずいません。
脳梗塞で寝たきりになったり、認知症の状態で長生きしても苦痛をともなうばかりでしょう。そうならないためにもぜひ、今のうちから対策を講じておきましょう。

イマークSの価格や販売方法・品質の評価

イマークSまず、同梱されていた冊子や副読本がとてもわかりやすく解説されていて読みやすかったです。

EPAがどんなものか? 製造工程は? 気になる原料は何?など。ニッスイが力を入れている商品であることがしっかりとわかります。

ニッスイはEPA研究の先駆けとして、1970年代からその研究に着手。イマークSの前身として、2004年に「イマーク」が発売されました。

この時は冷蔵保存が原則だったようですが、イマークSは常温で保存できます。なので冷蔵庫内で場所を取って困るということはありません。

また、イマークは容器が瓶でしたが、イマークSになってからは軽量ボトル缶になったことで、扱いが楽になりました。

さらに常温保存ですので、プレゼントとしてもOK。
離れたところで暮らす、両親や祖父母などに普通に送ることができます。

飲み方も1日1本なのでとてもわかりやすいですね。もちろん、これだけ飲めばいいというわけではありません。
イマークSを飲むのと同時に運動習慣を身につけたり、バランスのとれた食生活を送ることは必要です。
とはいえ、厚労省の推奨するEPAとDHAの日の摂取量をほぼまかなえるのですから、手軽なことには違いありません。

さて、価格についてです。

まずは大体、お試し10本から始められると思います。
お試しならば、1ケース10本入りで1,000円。1本100円ですので安いですね。
但し、この価格で買えるのは最初の1回だけです。

EPAやDHAのサプリですが、カプセルタイプで1ヶ月分で2,000円しないものや、同じく1ヶ月分で5,000円以上するものなど様々あります。安く販売されているものに手が伸びそうですが、その成分含有量をよく確認してください。含有量の少ないものは、やはり安くなっているはずです。

さらに、他のあまり関係のない成分を混ぜることで、かさ増しをしている商品もありますので注意が必要です。
イマークSに限っては、その含有量もハッキリと公開されているし、液体自体の副原料も最適なものが使用されているので安心です。この辺はトクホのしっかりしているところ。

気に入ったら、定期購入をお勧めしたいところです。
私も定期購入だったのですが、効果の程が確認できたところでキャンセルしました。
1週間から10日前にその旨を電話で伝えればいつでもキャンセルできます。

定期購入の場合、日換算で1本250円になります。
これが安いか高いかはそれぞれの経済事情がありますが、来る病気を回避できるのであれば、
決して高いものでもないでしょう。安定した効果が望めるのであればなおさらです。

イマークS(EPAの過剰摂取)による副作用

イマークSを継続して飲むことによる副作用ですが、
販売元のニッスイでも、その点は実験され尽くしているだろうと思われます。

原料は天然イワシの脂ですので、よほど飲み過ぎない限り大丈夫です。
実際、そこまでおかしな行動をとる人もいないでしょう。

EPAの過剰摂取でよく聞かれる副作用に、「出血しやすくなる」ということがあります。
これは、EPAの血小板凝集を抑える作用が過剰に働き、出血性の病気、あるいは怪我などによって血が止まりづらくなることに由来しています。現にEPA摂取量の多いグリーンランド人は出血した際に血が固まらないことで知られていたりします。

しかし、日頃より私たちが摂取するEPAの量はグリーンランド人の10分の1程度。
また、アラキドン酸(EPAと全く逆の作用を促す陸上動物の脂)の摂取が多い現代食では、
EPAがアラキドン酸より勝ることはないと言われています。

現実の私たちは、EPAの不足分を補うという形でサプリを活用することになるので、
血が止まらないことはあり得ないようです。

最終的評価。どのように活用するべきか?

サプリは全て何かの予防という観点の上にいることが多いですが、
あまり効果の期待できないサプリを活用していても仕方がありません。

その点、イマークSはその効能がハッキリしています。
購入前から、自分が何を目的としてこれを飲むのかが明確なので、疑問もあまり生まれないと思いますし、
継続していれば、それなりの効果が得られることは確定しているのですから安心です。

ひとつだけ注意点を挙げるとすれば、個人の体質に合うか合わないかという部分でしょう。
まずはお試しセットで、試してみて、合わないようでしたらすぐに止めておきましょう。

私はヨーグルトでもお茶でも、何かと「トクホ」が好きなので、イマークSをものすごくお勧めしたいのですが、
医薬品ではありませんので、その効果も実は緩やかだったりします。なので活用する時は長い目で見ることが必要です。
まあ、サプリメントなら何でもそうなのですが。

ニッスイの医薬品研究の技術を信頼できる方で、中性脂肪でお悩みの方。
イマークSをぜひお試しください。

 

同じカテゴリー「サプリメント体験レビュー」の一覧

大正DHA・EPA

大正DHA・EPAを1ヶ月試してみました。

大正製薬が販売する「大正DHA・EPA」を1ヶ月試したのでその感想をご紹介します。 製薬会社が販売するDHA・EPAサプリメントは以前にも紹介しました。 以前紹介したものは佐藤製薬が販売するサプリメン […]

記事の続きを読む
フラーガン

フラーガンを1ヶ月飲んでみました!

ちょっと前になりますが、TBSの「金スマ」で放送された「40歳になったら気をつけたい!血管の病気」を見た方はおられるでしょうか? 血管をキレイにすることをテーマにしているサイトを運営している私ですから […]

記事の続きを読む
ハグラビ粒

ハグラビを1ヶ月飲んでみました。

ハグラビのご紹介の前に。 当サイトでの記事でDHAは脳の発育に良いと書きました。 DHAは大人の脳の機能維持もそうですが、何より胎児の脳の発育や幼児の健全な脳の発育にとても大切な脂肪酸であるということ […]

記事の続きを読む
オメガプラス

DHA&EPAオメガプラスを1ヶ月飲んでみました!

今回試したのは、これも前から気になっていたサプリ「DHA&EPAオメガプラス」です。 このサプリは、株式会社みやびから発売されていますが、以前はスクワレンがメインの「鮫肝DHA&EPA […]

記事の続きを読む
ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット

ナットウキナーゼ&DHA&EPAを1ヶ月飲んでみました!

佐藤製薬に続き、こちらも大手製薬会社のサプリメント。 小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセットをご紹介します。 当サイトで紹介しようと思っていたナットウキナーゼ。有名なところではDHC社のサプ […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    サイト管理人ごあいさつ

    初めまして。エイジと申します。 歳のせいでしょうか、倦怠感に襲われ集中力も持続せず・・・

    続きを読む

Copyright© 2019 DHA・EPAサプリメントの効果!血管&血液のエイジングケアを徹底検証

ページトップ