SBI FX口コミ

スクワレンの癌細胞抑制効果

MENU

スクワレンの効果|癌細胞抑制

スクワレンの癌細胞抑制効果スクワレンは、癌の予防に効果があるのはマウスの実験からも確証済みなのですが、がんが発生している細胞に対して、その増殖を抑える方向にも効果的に働いてくれます。

国立がんセンターでの動物実験では、マウスのお腹の中に強制的にスクワレンを投与した結果癌の増殖が高い確率で阻止されることが明らかにされています。1日0.2mlのスクワレンをエサに混ぜて食べさせると癌細胞の増殖が約半分になることなど、スクワレンの癌治療の効果はとても期待できるのです。

スクワレンの抗がん作用は、癌細胞に直接攻撃をするものではなく、体の免疫力を上げることによって二次的にもたらす効果であることもわかりました。

現在の癌治療は、外科手術・化学療法(抗がん剤)・放射線療法の3つが柱となっています。
癌治療を行うと、体の免疫力は下がってしまいます。そのため、癌が転移しやすくなったり、感染症などの併発も考えられます。そこで、免疫力を維持したまま癌治療を行っていくためにも、スクワレンの効果が期待されるのです。

スクワレンの併用で治療の効果を上げる

■基本となる3つの癌治療との併用
外科手術とスクワレンの併用では、一定の延命効果が確認されています。
化学療法では、スクワレンを溶かした抗がん剤を飲ませたマウスの腹腔に癌細胞を移植したところ、延命率が16.7%上がりました。
放射線療法とスクワレンの併用でも、スクワレンを与えないマウスと比べてその延命率が10%前後増すことがわかりました。

■放射能障害を緩和
スクワレンの投与によって放射能の障害を予防することも研究によって明らかにされています。
スクワレンを混ぜたエサをマウスに与え、その後放射能を浴びせます。それは自然界に存在する放射能の5000倍強さのものです。(セシウム137γ線)スクワレンをそのまま与え続けたマウスとあたえなかったマウスとでは、その延命率は明らかに異なりました。

■癌の転移を抑制する
スクワレンや鮫肝油には、癌の血管新生を押さえる働きがあります。
癌細胞は、ある程度大きくなると別の場所へも複製を作り出します。その時に新しい血管を作り始めるため、食事で摂った栄養がどんどん使われ始めるのです。
癌細胞の増殖は、新しい血管によってぐんぐんと速まり新生血管を伝って他の臓器へ癌細胞が転移していきます。
スクワレンはこの時、癌が作り出す新生血管を作らせないように働きます。
多くの癌患者が転移後に亡くなってしまうことからも、癌治療を優位にするためにスクワレンの併用が望まれ期待されています。

関連記事:スクワレンの癌予防効果

 

⇒ ⇒ 癌細胞の抑制効果に期待!スクワレンサプリ ⇐ ⇐

 

同じカテゴリー「スクワレンとがん」の一覧

squalene2-i

スクワレンのがん免疫力強化作用

スクワレンは抗がん剤として古くから定評がありました。 鮫の肝油の有効成分として、1918年(大正5年)に油脂化学のパイオニア的存在の辻本満丸博士によって発見されています。 スクワレンという名もこの時に […]

記事の続きを読む
squalene2-i

スクワレンの効果|癌細胞抑制

スクワレンは、癌の予防に効果があるのはマウスの実験からも確証済みなのですが、がんが発生している細胞に対して、その増殖を抑える方向にも効果的に働いてくれます。 国立がんセンターでの動物実験では、マウスの […]

記事の続きを読む
squalene2-i

スクワレンの効果|癌予防

スクワレンは癌の予防を考えるうえで、大変有効な成分であることが現在わかっています。 海外の研究者によると、様々な癌の予防効果をマウスでの実験で明らかにしました。 ●大腸癌の予防効果 マウスにスクワレン […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    サイト管理人ごあいさつ

    初めまして。エイジと申します。 歳のせいでしょうか、倦怠感に襲われ集中力も持続せず・・・

    続きを読む

Copyright© 2019 DHA・EPAサプリメントの効果!血管&血液のエイジングケアを徹底検証

ページトップ