SBI FX口コミ

DHAはうつ病の症状軽減に効果あります。

MENU

DHAはうつ病に効果あり!

うつ病DHAはうつ病に効果があると言われています。

うつ病発生率の多い欧米では、食品としてのDHAの効能が大いに注目され、今では、うつ病に対する青魚のDHAの有効性を示した研究データも数多く発表されているようです。

さて、うつ病は心の病ですが、生理学的には脳の機能不全ということなのではないでしょうか。感情面に障害が起こるわけですが、感情を司っているのは脳です。脳内には「海馬」と呼ばれるとても重要なところがあり、人の記憶・学習能力を担っています。DHAはこの海馬に多量に存在していて、脳内の他の部分と比べても20%以上の高濃度で存在しています。

ここでのDHAの役目は、脳内の情報ネットワークの伝搬を行う神経伝達物質を円滑にし、活性化させることです。神経伝達物質とは、ドーパミン、アセチルコリン、そしてセロトニンなどの脳内ホルモンを指します。

うつ病患者の多くは、この神経伝達物質の分泌や働きに問題があることがわかっています。
特にうつ病患者の脳内で、うまくその役目をしていない神経伝達物質に「セロトニン」があり、セロトニンが不足している人は、人に対する敵意や攻撃性が高まり、自殺願望も高かったりするのです。

ちなみに、心療内科や精神科で処方されるうつ病の薬は、このセロトニンをうまく活用できるようにするための治療薬となっています。

このように、DHAは神経伝達物質(セロトニン)を円滑に働かせ、活性化するので、うつ病にも大変効果があるといえるのです。しかも食品から摂る分には、副作用の心配もありませんので安心して取り入れることができます。

DHAがうつ病に良いとされるのは、以上のようなことからですが、DHAを摂るだけで、うつ病を改善しようとすることはお勧めできません。自殺願望の高い人たちですので、一歩間違えれば命を落としかねない注意を要する病気です。うつ病と思われる場合は必ず専門医に相談するべきです。
DHAの効果を最大限に活かすには、専門医の治療と併せて上手く食事の中に取り入れることが大切です。

うつ病に効果が期待される佐藤製薬のサプリ。

↑ ↑ DHAの配合量が、他のサプリメントよりずば抜けて多いです。

同じカテゴリー「DHAと脳の関係」の一覧

DHAと脳の関係

DHAの痴呆症の予防に期待!

以前、老化による脳の機能低下について書きました。 30歳あたりから、脳細胞はどんどん消失していくのですが、その影響を受けづらくするためにはDHAが有効であるのは現在広く知られるようになりました。 脳の […]

記事の続きを読む
DHAと脳の関係

DHAで脳の老化を予防できるか?

人の脳細胞は、30歳あたりから急速に消失していくといわれています。 驚くことにそれは、毎日10万個ずつ消失するらしくかなりハイペースなので恐怖を感じます。 人の脳細胞はおよそ140億個あると言われてい […]

記事の続きを読む
DHAと脳の関係

DHAが不足すると脳はどうなるのでしょう?

以前からDHAと脳の関係性についてあれこれと書きました。 ここで改めて、もう一度脳に影響する基本的なDHAの作用をおさらいしたいと思います。 DHAの頭を良くする効果については、ネットや雑誌等でご存じ […]

記事の続きを読む
DHAとEPAと脳の関係

DHAで胎児の脳の発育を強化する

1968年にスウェーデンの研究者が、脳の中の脂肪ではDHAが一番多く、ついでオメガ6であるアラキドン酸が多いということを発見しました。 食事で摂る必須脂肪酸のうち、DHAは母親となる妊婦と発育中の胎児 […]

記事の続きを読む
DHA・EPAと脳内の働き

DHAはうつ病に効果あり!

DHAはうつ病に効果があると言われています。 うつ病発生率の多い欧米では、食品としてのDHAの効能が大いに注目され、今では、うつ病に対する青魚のDHAの有効性を示した研究データも数多く発表されているよ […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    サイト管理人ごあいさつ

    初めまして。エイジと申します。 歳のせいでしょうか、倦怠感に襲われ集中力も持続せず・・・

    続きを読む

Copyright© 2019 DHA・EPAサプリメントの効果!血管&血液のエイジングケアを徹底検証

ページトップ