SBI FX口コミ

EPAは糖尿病の合併症予防の強い味方。

MENU

EPAは糖尿病予防サプリとしても有効なのか?

糖尿病はインスリンの分泌と働きがうまくいかず、血糖値がずっと上がっている状態のことです。
炭水化物などから取り入れた糖が、インスリンの分泌不足やその働き不足によって、うまく吸収されず最終的に尿に糖が混じります。

このように糖尿病自体はインスリンに左右される病気ですので、EPAの効能ではなんともできません。
しかし、糖尿病による合併症の予防には、EPAはとても有効。であるとわかっています。

さて、血糖値を下げる目的のサプリメントは多いですが、これを飲んだら血糖値が下がったといった感じの「これ」というサプリメントは、とても客観的なもので、医師に意見を求めても何とも答えようがない状況です。

わかっていることとして、糖尿病の患者に多い虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症)は血糖が高い血液の状態が長く続くと、発症のリスクが3倍に高まることです。動脈硬化のリスクが高まるこの血液の状態を何とかしなければいけません。

欧米では血糖値を下げることは医薬品で行い、糖尿病による合併症の予防にEPAサプリメントが使われています。このサプリメントが使われるようになったのは、ある程度の根拠や証拠によるものがあったからです。

このサイトでも度々出てきますが、デンマークの研究者たちの調査で、
グリーンランドの先住民イヌイットの人々に虚血性心疾患が少ないことがわかっています。
土地柄により野菜をほとんど食べない彼らですが、血中の脂肪分があまり増えることもなく血栓症による疾患が少ないのです。

その理由として、豊富に獲れる魚の脂を摂取していることだと結論づけています。血液の状態を正常に保っているのは、魚油に含まれる大量のEPAの存在でした。

EPAは血中の中性脂肪を下げ、コレステロール値を下げるため、血管が動脈硬化になりづらくなり、
心筋梗塞や狭心症、脳梗塞を予防してくれます。

糖尿病の患者に多い虚血性疾患の合併症を予防するために、欧米では魚油サプリメントを摂ることが勧められています。日本でも厚労省によるEPAの摂取が勧められ、医師によるEPAの医薬品も処方されています。

このように、EPAのサプリメントは糖尿病の合併症予防に効果のあることが説明できます。

 

⇒ ⇒ 糖尿病の合併症予防とエイジングケアに効果の期待できるサプリはこちら ⇐ ⇐

 

同じカテゴリー「DHA・EPAと様々な疾患の関係」の一覧

様々な疾患

DHA・EPAのアルコール性肝炎の予防効果に期待!

みなさんは晩酌をしますか? 私の場合、お酒は年に数回のつきあい程度ですので、晩酌という習慣はありません。ですが、もっと飲めればいいなとは思っています。 食事をすると、その栄養分は一度肝臓へ貯められます […]

記事の続きを読む
様々な疾患

アレルギー症状が起こるのは、オメガ3が足りないから

現代人は、どうしてもオメガ6のリノール酸を摂ってしまいがちです。 リノール酸過多の食事によって、オメガ6体質になり、アラキドン酸によって常に高炎症状態が続いてしまいます。 オメガ6から生成されるアラキ […]

記事の続きを読む
様々な疾患

オメガ3(DHA・EPA)は動脈硬化の治療薬になるか?

実はアメリカの研究では、DHAやEPAは動脈硬化の予防だけでなく治療のためにも有効だとされ、またドイツやイギリスの研究家も同じことを指摘しています。日本でも、オメガ3必須脂肪酸を食事に加えると、血液の […]

記事の続きを読む
様々な疾患

EPAは糖尿病予防サプリとしても有効なのか?

糖尿病はインスリンの分泌と働きがうまくいかず、血糖値がずっと上がっている状態のことです。 炭水化物などから取り入れた糖が、インスリンの分泌不足やその働き不足によって、うまく吸収されず最終的に尿に糖が混 […]

記事の続きを読む
様々な疾患

DHA・EPAサプリメントはアトピー性皮膚炎に効果があるのか?

果たして、DHAとEPAはアトピー性皮膚炎にきくのでしょうか? アトピー性皮膚炎は、良くなったり悪くなったりを繰り返してなかなか治りません。 私はアトピー性皮膚炎ではありませんが、温熱じんましんがでる […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    サイト管理人ごあいさつ

    初めまして。エイジと申します。 歳のせいでしょうか、倦怠感に襲われ集中力も持続せず・・・

    続きを読む

Copyright© 2019 DHA・EPAサプリメントの効果!血管&血液のエイジングケアを徹底検証

ページトップ