SBI FX口コミ

中性脂肪とLDLコレステロールが増えるとどうなる?

MENU

中性脂肪とLDLコレステロールが増えるとどうなる?

メタボ中性脂肪とはいわゆる贅肉になった脂肪、内臓脂肪のことを指します。内臓脂肪が蓄積するとメタボと言われる状態になります。これは、エネルギーとして使い切れなかった脂肪がどんどん蓄積している状態です。

余った脂肪は血液の中にも溢れ、血中に中性脂肪やLDLコレステロールが異常に多くなると高脂血症となり、血栓症や動脈硬化を引き起こす可能性が大きくなります。

中性脂肪が増えると脂質異常症(高脂血症)になります。血液の中に余分な脂質が溢れると血液の中にLDLコレステロールが増えます。LDLコレステロールは傷ついた血管の内壁から奥へと侵入。大量に侵入されると血管内にコブができ、さらに血液中のカルシウムや血小板が凝集して血管が硬くなります。これが動脈硬化症です。そしてコブが破れ、中にあった血の塊が飛び出すと血栓となって血流が止まってしまい、心筋梗塞が発症するのです。また、小さな血栓が血流に乗って、脳の細かな血管に到達するとそこが塞がれ、それ以上血液が流れなくなって脳梗塞を引き起こされます。

これに対し、血液をサラサラにする効果のあるDHAとEPAは、サラサラにする作用の中で、血中の中性脂肪の量を下げる働きをしています。その結果、血管を傷つけることが少なくなります。DHA・EPAは常温で固まらない脂です。サラサラな脂肪なので血液の粘度が上がらないのですね。

それともう一つ、DHAとEPAはサラサラ血をつくるだけでありません。肝臓で脂肪酸から中性脂肪が作られますが、DHA・EPAはその生成を抑えてくれるのです。

⇒ ⇒ 中性脂肪を減らすサプリはこちら ⇐ ⇐

次は、「脂肪肝」についてです。

血液に乗って脂肪は身体の各場所へ運ばれ生命維持活動をしますが、エネルギーとして必要のない余分な脂質は、肝臓から排出されず中性脂肪として蓄えられます。皮膚の下の贅肉や内臓脂肪となる他に、肝臓に溜まったままになると脂肪肝です。肝細胞内に脂肪がうじゃうじゃと増えて全肝細胞の30%以上が脂肪化している状態です。

脂肪肝 ⇒ 脂肪性肝炎 ⇒ 肝硬変 ⇒ 肝がん へと進行。
症状はほとんどないので、自分じゃ分からないんです。肝臓は沈黙の臓器なので年に1回は定期検診を受けるようにして、その数値を観察しましょう。

 

同じカテゴリー「動脈硬化と中性脂肪・コレステロール」の一覧

中性脂肪コレステロール

インスリンが過剰分泌すると動脈硬化が進んでしまうんです

善玉コレステロール値が低かったり、中性脂肪が高いと動脈硬化は進んでしまいますが、それに加えてインスリンの過剰な分泌までもが動脈硬化を進めてしまうことがわかっています。 善玉コレステロール値が低いのは、 […]

記事の続きを読む
中性脂肪とコレステロール

動脈硬化により血栓できて、血管が詰まる仕組み

以前にも当サイトで動脈硬化の発生に関して書きましたが、記事が散乱しすぎてどこを読めばいいのか自分でもわからなくなってきたので、改めて動脈硬化から血栓ができるまでのことを書き留めておきたいと思います。ま […]

記事の続きを読む
中性脂肪とコレステロール

中性脂肪が増えるとどうなる・・・追加情報

前にも記事として書きましたが、追加の情報として触れておこうと思います。 単純明快に「中性脂肪が増えるとどうなるか」をまとめてみました。 まず、中性脂肪とは。 中性脂肪は体の中に存在する大切な脂質で、そ […]

記事の続きを読む
中性脂肪とコレステロール

嫌われ者の悪玉LDLコレステロールですが・・・

コレステロールが血液内に多いと問題。とよく言われます。 嫌われ者のコレステロールですが、逆に不足するとそれはそれで大問題なのです。 コレステロールは、血液に溶け込む形で存在しています。 まず、HDLコ […]

記事の続きを読む
中性脂肪を下げる

中性脂肪が高い原因はアルコールにあり!

中性脂肪が高い原因は、アルコールの摂取過多のケースが多いようです。 そのため、中性脂肪やコレステロールが多い高脂血症の食事療法のひとつと考えてください。 アルコールは糖質です。 炭水化物の一種ですが、 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    サイト管理人ごあいさつ

    初めまして。エイジと申します。 歳のせいでしょうか、倦怠感に襲われ集中力も持続せず・・・

    続きを読む

Copyright© 2019 DHA・EPAサプリメントの効果!血管&血液のエイジングケアを徹底検証

ページトップ