SBI FX口コミ

中性脂肪が増えるとどうなる・・・簡潔にまとめました。

MENU

中性脂肪が増えるとどうなる・・・追加情報

中性脂肪が増えるとどうなる
前にも記事として書きましたが、追加の情報として触れておこうと思います。
単純明快に「中性脂肪が増えるとどうなるか」をまとめてみました。

まず、中性脂肪とは。
中性脂肪は体の中に存在する大切な脂質で、その大きな役割は身体活動のエネルギーになるということです。実は中性脂肪があるからこそ、体が動き体温を保つことができるのです。

ただ、中性脂肪が多くなると身体活動のエネルギーとして燃焼されずに余ってしまい、脂肪細胞として蓄積されてしまいます。
脂肪ということで、油っぽいものを食べると増えてしまうと考えられがちですが、実は糖質(炭水化物)の取り過ぎで増えてしまいます。
炭水化物を抜けば、太りにくくなるため炭水化物ダイエットとしても広く知れ渡りました。

さて、さて。中性脂肪が増えるとどうなるでしょうか。

中性脂肪が一定以上に増えると脂肪細胞が大きくなって肥満となり、一方で血液中の中性脂肪値が上がると高脂血症となってしまいます。また、肝臓に蓄積されると脂肪肝と呼ばれる状態になります。
血液中の中性脂肪の濃度が多くなると、血液はドロドロになります。
健康な人の血液はスムーズに血管内を流れますが、高脂血症の人の血液は粘りが出てしまっているので、流れが非常に悪くなります。

これは、血管を傷つける原因にもなり動脈硬化を引き起こす危険な状態といえます。これに高血圧や高血糖などの危険因子が重なることで、心筋梗塞や脳梗塞の可能性が高まります。

心当たりの方。
ご飯、麺類、菓子パン、チョコレート、スナック菓子、インスタント食品等々。これらの取り過ぎと不規則な食生活、運動不足をすぐに改善してください。

さらにもうひとつ、中性脂肪が増えるとどうなるか。

血液中の中性脂肪が多いと、同じ血液中に含まれているコレステロールに影響がでてきます。
第一に、HDLコレステロールの働きを邪魔します。第二にLDLコレステロールが増えます。

HDLコレステロールが余ったコレステロールを肝臓に戻すのですが、中性脂肪多いとこの働きがうまく行われなくなってしまいます。
LDLコレステロールに関しては、小型化された超悪玉コレステロールが生み出され、それらが酸化することで血管を傷つけます。これらは小さいため、傷ついた血管に入り込みやすく、益々動脈硬化に拍車をかけることになってしまうのです。

中性脂肪の増加をあなどってはいけません。

同じカテゴリー「動脈硬化と中性脂肪・コレステロール」の一覧

中性脂肪コレステロール

インスリンが過剰分泌すると動脈硬化が進んでしまうんです

善玉コレステロール値が低かったり、中性脂肪が高いと動脈硬化は進んでしまいますが、それに加えてインスリンの過剰な分泌までもが動脈硬化を進めてしまうことがわかっています。 善玉コレステロール値が低いのは、 […]

記事の続きを読む
中性脂肪とコレステロール

動脈硬化により血栓できて、血管が詰まる仕組み

以前にも当サイトで動脈硬化の発生に関して書きましたが、記事が散乱しすぎてどこを読めばいいのか自分でもわからなくなってきたので、改めて動脈硬化から血栓ができるまでのことを書き留めておきたいと思います。ま […]

記事の続きを読む
中性脂肪とコレステロール

中性脂肪が増えるとどうなる・・・追加情報

前にも記事として書きましたが、追加の情報として触れておこうと思います。 単純明快に「中性脂肪が増えるとどうなるか」をまとめてみました。 まず、中性脂肪とは。 中性脂肪は体の中に存在する大切な脂質で、そ […]

記事の続きを読む
中性脂肪とコレステロール

嫌われ者の悪玉LDLコレステロールですが・・・

コレステロールが血液内に多いと問題。とよく言われます。 嫌われ者のコレステロールですが、逆に不足するとそれはそれで大問題なのです。 コレステロールは、血液に溶け込む形で存在しています。 まず、HDLコ […]

記事の続きを読む
中性脂肪を下げる

中性脂肪が高い原因はアルコールにあり!

中性脂肪が高い原因は、アルコールの摂取過多のケースが多いようです。 そのため、中性脂肪やコレステロールが多い高脂血症の食事療法のひとつと考えてください。 アルコールは糖質です。 炭水化物の一種ですが、 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    サイト管理人ごあいさつ

    初めまして。エイジと申します。 歳のせいでしょうか、倦怠感に襲われ集中力も持続せず・・・

    続きを読む

Copyright© 2017 DHA・EPAサプリメントの効果!血管&血液のエイジングケアを徹底検証

ページトップ