SBI FX口コミ

DHAとEPAはアルコール性肝炎の予防に効果が期待できます!

MENU

DHA・EPAのアルコール性肝炎の予防効果に期待!

飲み過ぎにご注意!みなさんは晩酌をしますか?
私の場合、お酒は年に数回のつきあい程度ですので、晩酌という習慣はありません。ですが、もっと飲めればいいなとは思っています。

食事をすると、その栄養分は一度肝臓へ貯められます。そして一部は合成・分解といった処理をされたあと、各臓器や組織に栄養分が運ばれていきます。肝臓は食べたものの影響を強く受ける臓器ですので、お酒の飲み過ぎなどや脂肪分の摂り過ぎなどには注意しなければなりません。

ご存じかと思いますが、肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれとても我慢強いのです。トラブルに耐え続けながら黙々と仕事を続けます。そのため、トラブルの兆候がなかなかおもてに出てこないので、暴飲暴食を重ねていても自分は大丈夫だろうと思ってしまいます。
そんな感じなので、実は知らず知らすのうちに弱ってしまった肝臓の話をしながら、お酒を飲むなんてことにもなりかねません。

アルコールの摂り過ぎは、肝臓に脂肪が付着する「脂肪肝」を引き起こします。
この時も兆候は現れず、知らずに飲み続けているうち取り返しがつかなくなるでしょう。しかし、初期の段階でお酒を控えるなり、やめることができれば、肝臓に付着した脂肪は徐々に減っていくそうです。
やめずに放っておくと、「アルコール性肝炎」を引き起こし、肝硬変から肝臓ガンへと進行していく可能性があります。
肝臓を長持ちさせるためにも、食生活を変えましょう!

DHA・EPAには、脂肪肝を解消する効果が期待できるといいます。
DHA・EPAを摂ることで肝機能を強化し、肝細胞に付いてしまった中性脂肪を取り除いて正常な状態の肝臓に戻すことができます。また、急激に肝機能が低下し肝不全を起こす劇症肝炎という病気があります。この場合、数日あるいは数時間で死亡するケースもみられます。ある実験では、この状態のマウスにDHAを与えると生き延びることができたという報告もあるそうです。

肝臓は日々耐えています。文句ひとつ言わない頑張りに感謝。
肝臓をいたわりましょう!

魚介類にはDHAやEPAの他にも、肝機能を高めるタウリンやビタミンB12なども多く含まれています。
心当たりのあなた。DHA・EPAの摂取を心がけてください。弱っている肝臓の機能を正常に戻すには魚介類は最良の食材です。

同じカテゴリー「DHA・EPAと様々な疾患の関係」の一覧

様々な疾患

DHA・EPAのアルコール性肝炎の予防効果に期待!

みなさんは晩酌をしますか? 私の場合、お酒は年に数回のつきあい程度ですので、晩酌という習慣はありません。ですが、もっと飲めればいいなとは思っています。 食事をすると、その栄養分は一度肝臓へ貯められます […]

記事の続きを読む
様々な疾患

アレルギー症状が起こるのは、オメガ3が足りないから

現代人は、どうしてもオメガ6のリノール酸を摂ってしまいがちです。 リノール酸過多の食事によって、オメガ6体質になり、アラキドン酸によって常に高炎症状態が続いてしまいます。 オメガ6から生成されるアラキ […]

記事の続きを読む
様々な疾患

オメガ3(DHA・EPA)は動脈硬化の治療薬になるか?

実はアメリカの研究では、DHAやEPAは動脈硬化の予防だけでなく治療のためにも有効だとされ、またドイツやイギリスの研究家も同じことを指摘しています。日本でも、オメガ3必須脂肪酸を食事に加えると、血液の […]

記事の続きを読む
様々な疾患

EPAは糖尿病予防サプリとしても有効なのか?

糖尿病はインスリンの分泌と働きがうまくいかず、血糖値がずっと上がっている状態のことです。 炭水化物などから取り入れた糖が、インスリンの分泌不足やその働き不足によって、うまく吸収されず最終的に尿に糖が混 […]

記事の続きを読む
様々な疾患

DHA・EPAサプリメントはアトピー性皮膚炎に効果があるのか?

果たして、DHAとEPAはアトピー性皮膚炎にきくのでしょうか? アトピー性皮膚炎は、良くなったり悪くなったりを繰り返してなかなか治りません。 私はアトピー性皮膚炎ではありませんが、温熱じんましんがでる […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    サイト管理人ごあいさつ

    初めまして。エイジと申します。 歳のせいでしょうか、倦怠感に襲われ集中力も持続せず・・・

    続きを読む

Copyright© 2017 DHA・EPAサプリメントの効果!血管&血液のエイジングケアを徹底検証

ページトップ