SBI FX口コミ

DHAが少ないと脳の情報伝達能力が低下してしまいます。

MENU

DHAが不足すると脳はどうなるのでしょう?

痴呆症予防

以前からDHAと脳の関係性についてあれこれと書きました。
ここで改めて、もう一度脳に影響する基本的なDHAの作用をおさらいしたいと思います。

DHAの頭を良くする効果については、ネットや雑誌等でご存じの方も多いと思います。
そもそも、脳の働きとDHAの関連性が注目されるようになったのは、脳に多量に存在するDHAが普段食べる食事によって、変わることがわかってきたからでした。

とても繊細な器官である脳ですから、その中へ入ることができるのは限られた成分だけになります。脳の働きに不可欠な最低限の成分しか入れないのは、脳の入り口にある「血液脳関門」で選別されるからです。
DHAとEPAの前身であるアルファリノレン酸や、EPAでさえも、この関門を通過することはできないとされています。

DHAはこの選別を難なくクリアし、脳の中へ入っていくのです。

脳の器官で海馬と言う部分があります。ここはとても大事な器官で、記憶学習に関する機能を担っています。脳細胞の脂質には平均して10%程度のDHAが存在していますが、その中でも、この海馬には20%以上のDHAが存在しているのです。

DHAは海馬の情報伝達機能に深く関与していて、人の記憶や学習を司っているため、海馬内のDHAが少なくなると、その機能が低下し痴呆などの現象が起こりやすくなってしまいます。

脳に入ったDHAは、神経細胞の中へ入ります。
アメーバのように何本にも枝分かれしている神経細胞の先端部分で、別の神経細胞と連絡を取り合い、情報伝達することで様々な思考が生まれ、人は考えることができるのです。

神経細胞の先端部分をシナプスと言いますが、このシナプスの膜が硬くなっていると情報伝達が鈍ってしまいます。DHAはこのシナプスの膜に使われていて、その部分を柔らかい状態に保つ働きをしています。ですから、DHAが不足することは情報伝達、つまり記憶学習がうまくいかないこととイコールなのです。

DHAが脳(海馬)に少ないと記憶学習においての情報伝達がうまくいかず、「頭が悪い」とされたり、あるいは老人であれば「痴呆症」発症の可能性が大きくなってしまうのです。

以上のようなことから、DHAは脳の機能維持・強化において、とても大事なものだとわかって頂けたと思います。
みなさま。老人性痴呆症の予防のためにも、DHAは意識して摂るようにしましょう。

同じカテゴリー「DHAと脳の関係」の一覧

DHAと脳の関係

DHAの痴呆症の予防に期待!

以前、老化による脳の機能低下について書きました。 30歳あたりから、脳細胞はどんどん消失していくのですが、その影響を受けづらくするためにはDHAが有効であるのは現在広く知られるようになりました。 脳の […]

記事の続きを読む
DHAと脳の関係

DHAで脳の老化を予防できるか?

人の脳細胞は、30歳あたりから急速に消失していくといわれています。 驚くことにそれは、毎日10万個ずつ消失するらしくかなりハイペースなので恐怖を感じます。 人の脳細胞はおよそ140億個あると言われてい […]

記事の続きを読む
DHAと脳の関係

DHAが不足すると脳はどうなるのでしょう?

以前からDHAと脳の関係性についてあれこれと書きました。 ここで改めて、もう一度脳に影響する基本的なDHAの作用をおさらいしたいと思います。 DHAの頭を良くする効果については、ネットや雑誌等でご存じ […]

記事の続きを読む
DHAとEPAと脳の関係

DHAで胎児の脳の発育を強化する

1968年にスウェーデンの研究者が、脳の中の脂肪ではDHAが一番多く、ついでオメガ6であるアラキドン酸が多いということを発見しました。 食事で摂る必須脂肪酸のうち、DHAは母親となる妊婦と発育中の胎児 […]

記事の続きを読む
DHA・EPAと脳内の働き

DHAはうつ病に効果あり!

DHAはうつ病に効果があると言われています。 うつ病発生率の多い欧米では、食品としてのDHAの効能が大いに注目され、今では、うつ病に対する青魚のDHAの有効性を示した研究データも数多く発表されているよ […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    サイト管理人ごあいさつ

    初めまして。エイジと申します。 歳のせいでしょうか、倦怠感に襲われ集中力も持続せず・・・

    続きを読む

Copyright© 2019 DHA・EPAサプリメントの効果!血管&血液のエイジングケアを徹底検証

ページトップ