SBI FX口コミ

DHA・EPAを摂らなくなった日本人に多くなった欧米型のガン

MENU

DHA・EPAを摂らなくなった日本人

DHA・EPAとガンの関係

ガンは細胞の突然変異で発症します。
日々摂っている様々リノール酸系の油が過多になり、それが長年続いて細胞に悪影響が生じることを考えれば、いつガンになってもおかしくない状態にあると言ってもいいと思います。

ガンは死亡原因のトップですが、ガンで亡くならない人も多いのは事実です。
この差はいったいどこにあるのでしょう。

ガンになる要因としては、日々の食生活以外にも、ウイルスの侵入や外部からの強い刺激や空気中の発ガン物質などが考えられます。
これらによって、細胞は毎日害され続けているわけですので、いつガンになってもおかしくないのですが、それでもガンにならずに済むのは、体の防御機能が働いているからです。

ガン細胞は毎日できていると聞いたことがありますか?

ガン細胞が生まれたとしても、それを殺すことができればガンにならずに済みます。ガン細胞ができては、免疫機能によって駆逐されるという工程が日夜繰り返されているのです。その戦いにDHAとEPAは深く関与しています。
食べる油とガンの因果関係がここまでわかってきた以上、一概には言えませんが、ガンになる人とならない人の差は、オメガ3の摂取量とも深く関係していることは明らかです。

戦後、欧米型の食生活になり急増したガンに、大腸ガン、乳がん、膵臓ガン、前立腺ガンなどがあります。これらは欧米型のガンです。
欧米型の食生活で一番変化したのは、油の摂取量とその種類。かつて魚を中心に食べていた日本人はDHA・EPAをたくさん摂っていました。ところが魚食を離れて、肉食になり、飽和脂肪酸やリノール酸を進んで好むようになった結果、欧米型のガンが増えてきました。

ご覧の皆さんも、もっとDHAとEPAを摂ってください。そして、飽和脂肪酸やオメガ6、菓子類・インスタント食品の食べる量を減らしてください。いくらDHAやEPAをたくさん摂っても、飽和脂肪酸やオメガ6のリノール酸系の油を減らさないとその効果は望めませんので注意が必要です。

同じカテゴリー「DHA・EPAとガンの関係」の一覧

DHA・EPAとガンの関係

できてしまったガンにDHA・EPAは効くの?

DHAとEPAがガンの発症を抑えることはわかってきています。それでは、発症したガンにDHAとEPAは効くのでしょうか? 関西医科大学のある実験結果があります。 「EPAを与えた実験用のラット」と「リノ […]

記事の続きを読む
DHA・EPAとガンの関係

DHA・EPAを摂らなくなった日本人

ガンは細胞の突然変異で発症します。 日々摂っている様々リノール酸系の油が過多になり、それが長年続いて細胞に悪影響が生じることを考えれば、いつガンになってもおかしくない状態にあると言ってもいいと思います […]

記事の続きを読む
DHA・EPAとガンの関係

ガンはオメガ3で対抗できる!

何度も書きましたが、ガン細胞の成長にはオメガ6過多による食事や、加工された油であるトランス脂肪酸の摂り過ぎが挙げられます。 マーガリンやショートニングなど精製油が含まれるトランス脂肪酸は細胞膜を変形さ […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    サイト管理人ごあいさつ

    初めまして。エイジと申します。 歳のせいでしょうか、倦怠感に襲われ集中力も持続せず・・・

    続きを読む

Copyright© 2019 DHA・EPAサプリメントの効果!血管&血液のエイジングケアを徹底検証

ページトップ