SBI FX口コミ

オメガ3が豊富な油といえば亜麻仁油!高濃度にオメガ3が含まれています。

MENU
DHA・EPAサプリメントの効果!血管&血液のエイジングケアを徹底検証 TOP  >  亜麻仁油の効能  >  アルファリノレン酸が豊富な油といえば亜麻仁油!

アルファリノレン酸が豊富な油といえば亜麻仁油!

亜麻仁油

脂質バランスを整えるために、魚油のDHA、EPA以外に私がオススメするのは、オメガ3のアルファリノレン酸が豊富な亜麻仁油です。
亜麻仁油は亜麻科の植物である亜麻の種をしぼった油で、亜麻油ではなく、「亜麻仁油」と書きますが、この「仁」とは種という意味らしいです。

亜麻仁油が何よりもすばらしいのは、アルファリノレン酸がずば抜けて豊富に含まれていることです。
一般的な植物油には、オメガ3は10%程度しか含まれていないのに対し、亜麻仁油には60%ものオメガ3が含まれていて、その配分は一般的な植物油とは正反対です。極端にオメガ6に偏っている現代人には、まるで薬のような油なのです。これだけ高濃度にオメガ3が含まれている油はほかにありません。

亜麻仁油は、フラックスシードオイルとしてスーパーやネットなどから購入できます。
種類はいろいろとありますが、コールドプレスで抽出したもので、未精製、オーガニックのものが最高です。そこまでこだわった製品は光を通さない遮光瓶に入っていることが多いので、そのようなものを選びましょう。光に弱いオメガ3なので透明な瓶に入っているものは、長期の保存が効くように精製されている可能性がありますのであまりオススメできません。また、亜麻仁油を買ったなら、常温では劣化しやすいので冷蔵庫に保存するようにしましょう。多分パッケージにもそう書いてあると思います。書いてないようでしたら、こちらもあまりオススメできません。さらに、買うならカナダ産がオススメです。カナダ産はハーブ性に富み、ビタミンも豊富なうえ、アルファリノレン酸も多量に含んでいるといいます。

亜麻仁油を、1日にスプーン1〜2杯(15グラム)程度摂りましょう。毎日摂れば、脂質バランスも整い健康を維持できます。

アルファリノレン酸は、体に入ると肝臓でDHAやEPAに変換されます。直接DHAやEPAを摂りたいのであれば魚油を摂ってください。
魚から直接DHA、EPAは摂るのももちろん大丈夫です。トロだと4〜5切れ、サバ水煮缶なら4分の1ほどです。
私は刺身は好きですが、缶詰とか焼魚が割と苦手なので、サプリメントでないならば亜麻仁油のほうが手っ取り早いので好きです。
こちらで魚油と亜麻仁油の違いを書きました。

亜麻仁油は植物性の油としては、融点がもっとも低いとても柔らかな油で、ロシアや中国、オランダ、カナダなどの寒冷地で栽培されています。寒い地方で生きていけるように、種が凍りつかないよう種の中身の脂肪がとても柔らかくできています。古代から薬として用いられていて、エジプト、インドなどでは「太陽のエネルギーももつ聖なる油」とも言われていたようです。
ちなみに、アメリカ食品医薬局(FDA)は、亜麻仁油などに含まれるオメガ3に対し、その摂取によって病気のリスクが軽減する可能性があるとして、企業にその旨の表示を許す「限定的健康強調表示」を承認しています。

同じカテゴリー「亜麻仁油の効能」の一覧

亜麻仁油

アルファリノレン酸が豊富な油といえば亜麻仁油!

脂質バランスを整えるために、魚油のDHA、EPA以外に私がオススメするのは、オメガ3のアルファリノレン酸が豊富な亜麻仁油です。 亜麻仁油は亜麻科の植物である亜麻の種をしぼった油で、亜麻油ではなく、「亜 […]

記事の続きを読む
亜麻仁油

亜麻仁油の効能で病気が消えた

〜頭痛に対しての効能〜 参考文献による凡例をご紹介します。 女性の方で、生理前に必ず片頭痛が起こる方などがいます。 ある方は、何年も前からそのような状態が続いていたのですが、亜麻仁油を摂るようにしてか […]

記事の続きを読む
亜麻仁油

亜麻仁油とは

亜麻仁油の基本情報です。 亜麻仁油とは、亜麻の種から抽出される油のことです。亜麻は中央アジア原産の一年草で、春から夏の間に青紫から白色の花が咲き、その歴史は古く、古代エジプトでも珍重されていました。世 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    サイト管理人ごあいさつ

    初めまして。エイジと申します。 歳のせいでしょうか、倦怠感に襲われ集中力も持続せず・・・

    続きを読む

Copyright© 2019 DHA・EPAサプリメントの効果!血管&血液のエイジングケアを徹底検証

ページトップ