SBI FX口コミ

ガン発症の原因にオメガ3で対抗する

MENU

ガンはオメガ3で対抗できる!

オメガ3でガンに勝つ

何度も書きましたが、ガン細胞の成長にはオメガ6過多による食事や、加工された油であるトランス脂肪酸の摂り過ぎが挙げられます。
マーガリンやショートニングなど精製油が含まれるトランス脂肪酸は細胞膜を変形させ穴を開けてしまいます。細胞はそれを修復するのですが、修復する過程でミスコピーをするので異形の細胞ができてしまうのです。トランス脂肪酸などに常に攻撃されることで、ミスコピーが増大し、結果発ガンに至というわけです。

発ガンを抑制する油は、DHA、EPA、アルファリノレン酸などのオメガ3脂肪酸を豊富に含んだもので、主に魚油や亜麻仁油です。
オメガ3はオメガ6と結合するため、オメガ6から作られるプロスタグランジンの増殖を、オメガ3由来のプロスタグランジンがブロックしくれるからです。プロスタグランジンとは、炎症を促進するホルモンのことを指します。

オメガ6にはオメガ3で対抗するのです!

現在の研究では、DHA、EPAは大腸ガンを抑制する効果があることが明らかになっています。
週に3〜4日程度は、イワシやサンマ、サケなどの青魚を食べてることをオススメします。養殖魚よりも天然のものを選びましょう。
料理には、亜麻仁油を使ってください。亜麻仁油にはアルファリノレン酸が豊富に含まれています。アルファリノレン酸は肝臓でDHAやEPAに変化します。ただし、亜麻仁油は熱に弱いので、加熱して使うことは避けましょう。サラダのドレッシングとして活用するのが一番最適です。

加熱するのであれば、比較的熱に強いオメガ9を豊富に含むオリーブオイルを利用するとバッチリです!
以前は、オメガ3は酸化が早いことから、体内に過酸化脂質を増やし、ガンの原因になるといった説もありましたが、今日では動物実験や人を対象とした調査によって、オメガ3はガンの発症を防いでいることがわかっています。

さて、私たちが最も恐れる病気。ガン。
ガンで亡くなる患者数は年々増加しているといいます。

保険証書の記載にはガンのことを「悪性新生物」と呼びます。これは元々は自分の体を構成していた細胞が「悪性に新生した」ものだという事です。自分の体の一部が自分をどんどん蝕み最終的には死に至らしめるというとても恐ろしい病気です。外科的手術でガン細胞を摘出しても、血液に乗って転移する能力を備えているので、とてもやっかいなものです。
手術時には転移を防ぐために、ガン細胞のまわりの正常な細胞まで切り取らなければならないので、その分免疫能力が低下します。また、抗ガン剤を使った治療には、必ず副作用が伴い患者の体力を急速に奪っていきます。その仕組みは、抗ガン剤により活性酸素を発生させてガン細胞を攻撃し殺すのですが、同時に、活性酸素は正常な細胞まで攻撃するので、吐き気やよく見る脱毛などが発生してしまいます。白血球の減少も起きるので、免疫力が低下し肺炎なども発症してしまうのです。

それにしても、自分で自分を殺すという生体の仕組みは、どこかおかしいと思いませんか?
自然の摂理の大きな意思なのでしょうか?  人口が増えすぎないためとか・・・色々考えちゃいますね。

ガン対抗するためのオメガ3サプリメント

同じカテゴリー「DHA・EPAとガンの関係」の一覧

DHA・EPAとガンの関係

できてしまったガンにDHA・EPAは効くの?

DHAとEPAがガンの発症を抑えることはわかってきています。それでは、発症したガンにDHAとEPAは効くのでしょうか? 関西医科大学のある実験結果があります。 「EPAを与えた実験用のラット」と「リノ […]

記事の続きを読む
DHA・EPAとガンの関係

DHA・EPAを摂らなくなった日本人

ガンは細胞の突然変異で発症します。 日々摂っている様々リノール酸系の油が過多になり、それが長年続いて細胞に悪影響が生じることを考えれば、いつガンになってもおかしくない状態にあると言ってもいいと思います […]

記事の続きを読む
DHA・EPAとガンの関係

ガンはオメガ3で対抗できる!

何度も書きましたが、ガン細胞の成長にはオメガ6過多による食事や、加工された油であるトランス脂肪酸の摂り過ぎが挙げられます。 マーガリンやショートニングなど精製油が含まれるトランス脂肪酸は細胞膜を変形さ […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    サイト管理人ごあいさつ

    初めまして。エイジと申します。 歳のせいでしょうか、倦怠感に襲われ集中力も持続せず・・・

    続きを読む

Copyright© 2019 DHA・EPAサプリメントの効果!血管&血液のエイジングケアを徹底検証

ページトップ