SBI FX口コミ

オメガ3とオメガ6の働きの違いを知る!

MENU

私たちに必須の油!オメガ3とオメガ6の働きの違い

オメガ3とオメガ6

人体に必須の油であるオメガ3とオメガ6。この油はどんな食べ物から取り入れれば良いか。このサイト内で沢山紹介してきました。
リノール酸の摂り過ぎは要注意!の記事でも書きましたが、この2つの油が人体に必須の訳は、それぞれが細胞膜を構成するのに必要だからです。人の体は60兆個もの細胞でできていますから、細胞膜が及ぼす影響はとても大きいのです。

細胞膜の働きはどんなものなのでしょうか。
細胞膜は、細胞内に酸素や栄養素を取り入れたり、細胞内で発生した老廃物を排出、細胞同士の情報連絡、有害物質の侵入防止などを日々行っています。これらが機能していることで人は生きているのです。

オメガ6はリノール酸に含まれていますが、リノール酸は、フライドポテトやカップラーメン、スナック菓子、天ぷら、ドレッシングなどあらゆる加工食品に利用されていますので、知らず知らずに摂りすぎてしまいます。オメガ6に偏った食事をすれば、細胞が硬くなり、柔軟性が失われ、栄養素や老廃物などのやりとりがうまく行われなくなってしまいます。

オメガ3は、オメガ6とは逆に細胞を柔らかくします。
極端に言うと、オメガ3ばかりを摂り続ければ、細胞にハリがなくなりフニャフニャになるのです。

細胞にとって、柔軟性とハリを兼ね備えた理想的な状態をつくるためには、この2つの脂肪酸がバランス良い比率で存在していることが第一条件です。筋肉や血管など体中の機能を正常に動かすことができるのも、細胞内の比率が保たれていればの話なのです。

このように、オメガ6とオメガ3は正反対の働きをします。
オメガ6の摂り過ぎにより、血管内に血栓が出来そうになると、オメガ3であるEPAがそれを防ぎ、血液を流れやすい状態に変えていきます。
また、オメガ6から転化したアラキドン酸は、炎症を促進するホルモンを作り出しますが、オメガ3から転化したEPAは逆に炎症を抑えるホルモンを作り出します。

相反する働きは非常に良くできていますが、体の中で発生する異常事態に柔軟に対応するためにはオメガ3とオメガ6がバランスがとても大事になってきます。

オメガ6とオメガ3のバランスは「4対1」が適切であると言われています。
現代では、このバランスが「10対1」や「50対1」という、とてつもない比率の人もいるようです。これでは現代病が多いのもわかります。

同じカテゴリー「DHA・EPAをもっと知りたい!」の一覧

DHA・EPA知っておきたい疑問

DHAサプリメントを飲み続けても安全?

DHAは、過去に日本人が好んで食卓に並べていた魚の脂に含まれるとても有用な成分です。 魚を食べ続けることは、それ自体全く問題がないことはみなさんもわかっています。 サプリメントも自然の魚から抽出した食 […]

記事の続きを読む
dha・epa知っておきたい疑問

私たちに必須の油!オメガ3とオメガ6の働きの違い

人体に必須の油であるオメガ3とオメガ6。この油はどんな食べ物から取り入れれば良いか。このサイト内で沢山紹介してきました。 リノール酸の摂り過ぎは要注意!の記事でも書きましたが、この2つの油が人体に必須 […]

記事の続きを読む
dha・epa知っておきたい疑問

養殖魚のDHA・EPAと大型魚の危険性!

魚油のDHA・EPAを1日の必要量摂るには、なかなか骨が折れます。 肉よりは魚のほうが体に良いのは分かっていますが、骨があったり面倒くさいという方は多いでしょう。 マグロなどは、そのトロの部分にDHA […]

記事の続きを読む
DHA・EPA素朴な疑問

DHA・EPAで妊娠しやすくなるのでしょうか?

DHA・EPAは女性の体の機能ともきわめて深い関連があります。 人の体の健康は、日常的な生活をスムーズに送れるための基本的な健康と、もうひとつ性的な健康があります。女性においての性的な健康とは、生理が […]

記事の続きを読む
DHA・EPA素朴な疑問

魚油のDHA・EPAと亜麻仁油のアルファリノレン酸はどちらがいいのか?

まず初めに、魚油(DHA・EPA)と亜麻仁油(アルファリノレン酸)の違いを書きたいと思います。 両者とも同じオメガ3脂肪酸を含んでいる油ですが、亜麻仁油には、直接のDHA・EPAは含まれていないんです […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    サイト管理人ごあいさつ

    初めまして。エイジと申します。 歳のせいでしょうか、倦怠感に襲われ集中力も持続せず・・・

    続きを読む

Copyright© 2019 DHA・EPAサプリメントの効果!血管&血液のエイジングケアを徹底検証

ページトップ