SBI FX口コミ

リノール酸の取り過ぎは脳梗塞や心筋梗塞の発症を進めてしまいます。

MENU

リノール酸の摂り過ぎは要注意!

リノール酸

みなさんご存じのリノール酸。
私ももちろん知っていますが、実際、どんな油なのか詳しいことは分からない方も多いでしょう。そこで改めて調べてみました。

もっともポピュラーな油として知れ渡っているリノール酸は、不飽和脂肪酸のひとつでオメガ6のグループに属しています。オメガ6は、当サイトのメインテーマであるDHA、EPAのオメガ3脂肪酸と同様に人の体には必須の油で必ず食事を通して外部から取り入れなければならない油なのです。

具体的に言うと、ベニバナ油、サラダ油、コーン油、ごま油、ひまわり油などに豊富に含まれています。
これらの油は、フライドポテトやカップラーメン、スナック菓子、天ぷら、ドレッシングなどあらゆる加工食品に利用されています。

必須の油と言われる理由は、DHAやEPAのオメガ3と同様に人の細胞膜の原料となるためです。
リノール酸などのオメガ6は、アラキドン酸となり細胞膜を構成し、一方、オメガ3は主にEPAに転化した状態で細胞膜を構成しています。

以前、日本ではリノール酸が体に良いと言われていたのを覚えていますか?
オメガ6のリノール酸は、血中のコレステロールを減少させる効果があるとして、一躍注目を浴びました。中でもベニバナ油とコーン油にリノール酸が多く含まれているので、積極的に取り入れるべきと言われブームになったのです。
当時、「コレステロール値を上げる動物性油脂を止めて、植物性のリノール酸にしよう!」と大々的に宣伝されたのを何となく覚えていて、今でもリノール酸は身体に良いと思っている方も多いのではないでしょうか。

今では、リノール酸を過剰に取り入れると、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まると言われています。
専門的な文献を引用しますと、アラキドン酸は、トロンボキサンという局所ホルモンを作り出し、このトロンボキサンは血液を凝縮する働きをするため、結果、血液がドロドロになるというのです。フィンランドの研究データ。
このため、血栓ができやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞を生みやすくなるというものです。

また、リノール酸の過剰摂取で、アラキドン酸が過剰になり炎症を促進するプロスタグランジンという局所ホルモンが大量に発生。体のなかの炎症を進め高炎症状態が続くことで、がんの細胞を増殖してしまうとも考えられています。

このように怖いリノール酸ですが、人体に必須の油である以上摂らないわけにはいきません。
ですが、一般的な食生活で積極的に摂る必要は全く感じられません。日常生活で自然に摂れてしまいます。むしろ減らさなければ、将来の自分の混交寿命を脅かすことなるのです。

現実の話として、世の中にあふれかえっている加工食品を食べないのは無理です。なぜなら得てして美味しいと感じてしまうからです。だから、せめてインスタント食品やスナック菓子ファストフードのポテトなどは避けていきましょう。

その昔、私の子どものころには、花粉症などはなかったように記憶しています。
リノール酸の摂取が増加するにつれて、アトピー性皮膚炎の患者が増えたりという事実も見逃せません。

同じカテゴリー「危険な油」の一覧

危険な油

リノール酸の摂り過ぎは要注意!

みなさんご存じのリノール酸。 私ももちろん知っていますが、実際、どんな油なのか詳しいことは分からない方も多いでしょう。そこで改めて調べてみました。 もっともポピュラーな油として知れ渡っているリノール酸 […]

記事の続きを読む
危険な油

トランス脂肪酸の恐ろしさを知ってください!

危険な油として、少し前にトランス脂肪酸の記事を書きました。こちら 油については、食生活の上でとても大切なことなので、さらに、文献等を深く調べてたので報告します。 前記事と重複する部分もありますが・・・ […]

記事の続きを読む
危険な油

危険な油!トランス脂肪酸

まず、DHAやEPAのオメガ3脂肪酸は、微量ではありますが、豚肉や鶏肉にも含まれています。牛肉よりも他の動物の方が多く含まれていると言います、米は胚芽の中にオメガ3とオメガ6が含まれているのですが、精 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    サイト管理人ごあいさつ

    初めまして。エイジと申します。 歳のせいでしょうか、倦怠感に襲われ集中力も持続せず・・・

    続きを読む

Copyright© 2019 DHA・EPAサプリメントの効果!血管&血液のエイジングケアを徹底検証

ページトップ