SBI FX口コミ

オメガ3(DHA・EPA)は動脈硬化の治療薬になるか?

MENU

オメガ3(DHA・EPA)は動脈硬化の治療薬になるか?

動脈硬化実はアメリカの研究では、DHAやEPAは動脈硬化の予防だけでなく治療のためにも有効だとされ、またドイツやイギリスの研究家も同じことを指摘しています。日本でも、オメガ3必須脂肪酸を食事に加えると、血液の粘着性が薄まるという研究報告が出ているとこのサイトでも度々書きました。

例として、短い距離を歩いても足が痛くなる間欠性跛行症を挙げると・・・。
間欠性跛行とは、何らかの病気のために一定の間隔で歩けたり、歩けなくなったりする歩行障害のことです。この病気の原因となる病気は大きくわけて神経性のものと血管性のものがあるようです。神経性の病気は主に腰部脊柱管狭窄症など、血管性は閉塞性動脈硬化症と閉塞性血栓血管炎などがあります。動脈硬化が発生して発症する可能性の場合、血液の粘着性としばしば関係があるのです。

オメガ3必須脂肪酸は、赤血球の細胞膜に変化を与え、赤血球を柔軟にします。狭くなった血管の中でも血液が流れやすくなる事によって、間欠性跛行症の病気の症状が和らぐといいます。

また、心臓病は食事のマイナス影響が結果として出てしまい発症する病気であると言います。
オメガ3を摂ることはもちろん、他にも食物繊維を摂ったり、運動をしたり、また飽和脂肪酸の摂取を避けるなど。食事を通して、血液中のコレステロールレベルを下げて、さらに運動をすることで心臓病の最大要因である動脈硬化が避けられます。血栓を作らないように血管を正常な状態へと戻す証拠がオメガ3の研究によって明らかになっています。

オメガ3は、コレステロールを追放するだけでなく、トランス脂肪酸などの飽和脂肪酸を追放することにも役立つであろうと考えらています。国内でもEPA「エパデール」という医薬品として使われているように、オメガ3は動脈硬化の治療薬として今日成立しているのです。

同じカテゴリー「DHA・EPAと様々な疾患の関係」の一覧

様々な疾患

DHA・EPAのアルコール性肝炎の予防効果に期待!

みなさんは晩酌をしますか? 私の場合、お酒は年に数回のつきあい程度ですので、晩酌という習慣はありません。ですが、もっと飲めればいいなとは思っています。 食事をすると、その栄養分は一度肝臓へ貯められます […]

記事の続きを読む
様々な疾患

アレルギー症状が起こるのは、オメガ3が足りないから

現代人は、どうしてもオメガ6のリノール酸を摂ってしまいがちです。 リノール酸過多の食事によって、オメガ6体質になり、アラキドン酸によって常に高炎症状態が続いてしまいます。 オメガ6から生成されるアラキ […]

記事の続きを読む
様々な疾患

オメガ3(DHA・EPA)は動脈硬化の治療薬になるか?

実はアメリカの研究では、DHAやEPAは動脈硬化の予防だけでなく治療のためにも有効だとされ、またドイツやイギリスの研究家も同じことを指摘しています。日本でも、オメガ3必須脂肪酸を食事に加えると、血液の […]

記事の続きを読む
様々な疾患

EPAは糖尿病予防サプリとしても有効なのか?

糖尿病はインスリンの分泌と働きがうまくいかず、血糖値がずっと上がっている状態のことです。 炭水化物などから取り入れた糖が、インスリンの分泌不足やその働き不足によって、うまく吸収されず最終的に尿に糖が混 […]

記事の続きを読む
様々な疾患

DHA・EPAサプリメントはアトピー性皮膚炎に効果があるのか?

果たして、DHAとEPAはアトピー性皮膚炎にきくのでしょうか? アトピー性皮膚炎は、良くなったり悪くなったりを繰り返してなかなか治りません。 私はアトピー性皮膚炎ではありませんが、温熱じんましんがでる […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    サイト管理人ごあいさつ

    初めまして。エイジと申します。 歳のせいでしょうか、倦怠感に襲われ集中力も持続せず・・・

    続きを読む

Copyright© 2019 DHA・EPAサプリメントの効果!血管&血液のエイジングケアを徹底検証

ページトップ