SBI FX口コミ

納豆に含まれるビタミンKは骨を強くする!

MENU

納豆に含まれるビタミンKは骨を強くする!

東京大学医学部の老年疫学教室の研究室は老人の骨折について調べました。結果、骨折をした老人の患者の血液には明らかにビタミンKの濃度が低いということが判明しました。
細かく言うと、骨折しにくい老人と比べ、植物由来のビタミンK1濃度にその差は見られないけれども、微生物由来のビタミンK2の血中濃度は明らかに低い値となったそうです。

日本人は欧米人と比べ、骨塩密度(骨に含まれるカルシウムなどのミネラル成分量)が低いにもかかわらず、骨折する人が少ないことで知られています。これはジャパニーズパラドクスなどと呼ばれ、納豆の消費が多い日本ならではの食生活が一因だと考えられています。

納豆のビタミンK

納豆の食べる習慣のないイギリスの女性10人と、週に2回ほど納豆を食べている東京の女性の血中ビタミンK濃度は、イギリス人女性の約15倍も濃度が高いのです。

最近では、カルシウムをノリのように結合するためのタンパク質を増やすために必須の栄養素がビタミンKであることも知られてきました。これは、骨塩密度が心配だからといって牛乳を飲むだけでは意味がないということです。日頃からビタミンKの多い納豆を食べておくことは、牛乳を飲むことと同じくらい骨塩密度を増やすにはとても重要であることがわかります。

また、ビタミンKは腸内細菌によって作り出されまが、生まれたばかりの赤ちゃんの腸内には腸内細菌がいません。そのため、病院ではビタミンKの不足を補うために「ビタミンKシロップ」を飲まされているそうです。

東北地方では、古くから「お産の2週間くらい前から納豆を食べるように」という言い伝えがあったりします。
納豆に含まれるビタミンKは野菜のビタミンKと違い、胎盤を通して容易に胎児に届けることができるそうです。東北地方の言い伝えは、まさに理にかなったものと言えるのです。
腸内細菌の働きが弱っている老人、特に女性の場合なども日頃から納豆を十分に摂っておくことが良さそうです。

あまり聞き慣れないビタミンKですが、平成7年から「日本食品標準成分表」に新たな項目としてビタミンB6、ビタミンB12とともに追加されました。

同じカテゴリー「ナットウキナーゼの効能」の一覧

ナットウキナーゼ効果

ナットウキナーゼの抗菌・アルコール(アセトアルデヒド)解毒作用

【抗菌活性作用】 納豆あるいは納豆菌の持つ抗菌性は昔からよく研究されていたようで、実際に病気の治療や予防に使われ、特に抗生物質のなかった戦前などでは、海軍を中心として赤痢、コレラ、チフスなどの予防、結 […]

記事の続きを読む
ナットウキナーゼ効果

健脳食・痴呆症予防としてのナットウキナーゼに注目!

●海外でも人気のナットウキナーゼ 納豆の酵素ナットウキナーゼには、血栓溶解作用ががあることはお話しました。ナットウキナーゼの作用で血の流れも良くなれば、脳の血流も良くなり頭の回転も必然と良くなります。 […]

記事の続きを読む
ナットウキナーゼ効果

納豆に含まれるビタミンKは骨を強くする!

東京大学医学部の老年疫学教室の研究室は老人の骨折について調べました。結果、骨折をした老人の患者の血液には明らかにビタミンKの濃度が低いということが判明しました。 細かく言うと、骨折しにくい老人と比べ、 […]

記事の続きを読む
ナットウキナーゼ効果

ナットウキナーゼとは?

ナットウキナーゼとは、納豆のネバネバに含まれる酵素のことです。 そのナットウキナーゼが人の体内でどのような活躍をするのか、その主な作用が下記の内容です。納豆は手軽に食べることができる完全栄養食で、ナッ […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    サイト管理人ごあいさつ

    初めまして。エイジと申します。 歳のせいでしょうか、倦怠感に襲われ集中力も持続せず・・・

    続きを読む

Copyright© 2019 DHA・EPAサプリメントの効果!血管&血液のエイジングケアを徹底検証

ページトップ