SBI FX口コミ

クリルオイルに含まれるリン脂質効果

MENU

クリルオイルに含まれるリン脂質効果

クリルオイルには、魚油にはないリン脂質が含まれています。オキアミ

魚油によるDHA・EPAは、消化酵素により一旦分解されて体に吸収されるのですが、クリルオイルのリン脂質は、それ自体が乳化剤として体内への吸収を促すため、効率よく吸収されると言われているのです。
DHAやEPAはリン脂質に結合して体のあちこちに送られます。
脳、肝臓、腎臓、副腎、眼球血管膜、網膜など。これらの組織に送り届ける上で、リン脂質結合型であるクリルオイルのほうが、魚油よりも効率的な吸収を得られます。

このようにとても嬉しいリン脂質ですが、リン脂質自体にも健康管理効果が期待されるのです。
リン脂質としてよく知られているのが、大豆に多く含まれる大豆レシチンです。
大豆レシチンの一般的に知られている効果として、動脈硬化、脂肪肝、高脂血症、目の病気予防、認知症、ストレス対策等に有効だとされています。
大豆レシチンは、医薬品にも採用され、肝機能改善と脂質低下にも役立っています。

大豆に含まれる大豆レシチン(リン脂質)ですが、これはクリルオイルのリン脂質と違い、別系統の脂肪酸(オメガ6などのリノール酸)と結合しています。そして、クリルオイルのレシチン(リン脂質)は、DHA・EPAと結合しています。結合先がちょっと違いますが、安心してください。クリルオイルのリン脂質も大豆レシチンと同じような効果を発揮するのです。

ちなみに、魚油のDHA・EPAを大豆レシチンと一緒に摂ることによってクリルオイルを撮ることと同じ効果が得られるようです。しかし、クリルオイルならその全てを一度に摂ることができるので合理的です。

魚油のサプリメントの飲んだ後に、魚臭い臭いやゲップが出るという報告もあるようです。
魚油のDHA・EPAは、胃の中で液体としてに分散しないため胃液の表面に浮かんでしまいそれが臭いとして出てきてしまいます。
クリルオイルのリン脂質結合型オメガ3は、液体として胃液に溶けるため、魚臭い臭いを発する可能性が低くなります。サプリメント利用者によっては、臭いを気にする方もいらっしゃるのでそういった方には、クリルオイルがオススメです。

同じカテゴリー「クリルオイル」の一覧

クリルオイルの効果

クリルオイルのアスタキサンチン

クリルオイルについては、カテゴリー内で紹介しましたが、クリルオイルにあって魚油にない成分として注目したいのが、アスタキサンチンです。 オキアミが赤いことはご存じかと思います。その赤い色素が「カルテノイ […]

記事の続きを読む
クリルオイルの効果

クリルオイルに含まれるリン脂質効果

クリルオイルには、魚油にはないリン脂質が含まれています。 魚油によるDHA・EPAは、消化酵素により一旦分解されて体に吸収されるのですが、クリルオイルのリン脂質は、それ自体が乳化剤として体内への吸収を […]

記事の続きを読む
クリルオイルの効果

クリルオイルとは?

クリルオイルはあまり聞き慣れませんが、これはオキアミから抽出した油のことです。 オキアミは海に棲む動物プランクトンで見た目はエビのような姿をしています。 クジラの主食として知られ、クジラの大きな口に一 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    サイト管理人ごあいさつ

    初めまして。エイジと申します。 歳のせいでしょうか、倦怠感に襲われ集中力も持続せず・・・

    続きを読む

Copyright© 2019 DHA・EPAサプリメントの効果!血管&血液のエイジングケアを徹底検証

ページトップ