SBI FX口コミ

クリルオイルの効果

MENU

クリルオイルとは?

オキアミクリルオイルはあまり聞き慣れませんが、これはオキアミから抽出した油のことです。
オキアミは海に棲む動物プランクトンで見た目はエビのような姿をしています。

クジラの主食として知られ、クジラの大きな口に一気に飲み込まれても、その繁殖力はきわめて高いのでいなくなることはまずありません。単体として地球上最大の生物資源量と言われ、次世代の人類のためのタンパク源としても注目されてきました。

クリルオイルは1990年頃から、タンパク源とは別の側面が知られるようになります。

オキアミには平均5%程度の脂質が含まれています。これがクリルオイルで、90年代からカナダの会社がこれを販売し始めました。「南極オキアミ」から抽出されることが多いクリルオイルですが、他の地域で獲れたオキアミからも同じクリルオイルが獲れるようです。

それではクリルオイルの特徴です。大きく分けて4つあります。

●オメガ3脂肪酸を含む
●クリルオイルのオメガ3は人の身体に吸収されやすい
●オメガ3と結合している脂肪酸(リン脂質)の相乗効果が得られる
●クリルオイルのオメガ3脂肪酸は変性しにくい

オメガ3とは必須脂肪酸(DHA・EPA)のことで、人の身体になくてはならないものです。
植物プランクトンを食べたオキアミのなかで、植物プランクトンに含まれるα-リノレン酸がDHA・EPAへと変化し、そのオキアミを小魚が食べ、それを中型の魚が食べ、大型の魚が食べ、と連なって魚の体内で蓄積されていきます。

クリルオイルが、人の身体に吸収されやすいと言われる理由は、リン脂質という別の脂肪酸が約40%含まれてるからで、リン脂質は一般的にはレシチンとも呼ばれています。

オメガ3とリン脂質が同時に摂れるということがクリルオイルの最大の特徴で、リン脂質がオメガ3を効率よく体内に吸収されるように働いてくれるのです。一般の魚油によるオメガ3よりも、リン脂質結合型のほうが、肝臓、脳、腎臓、副腎、眼球血管膜、網膜などの組織へ円滑に送り届けることができるようになります。

そのリン脂質自体にも健康効果が期待できます。

リン脂質としてよく知られているのが、大豆レシチンで、動脈硬化、脂肪肝、高脂血症、目の病気などの予防に良いとされています。クリルオイルのリン脂質も同じ効果を期待できるのですが、大豆レシチンとはちょっと違いオメガ3と結合しているリン脂質であるということです。

ちなみに、大豆レシチンと一緒にオメガ3(DHA・EPA)を食べれば、体内ではクリルオイルを摂ったことになるのですが、それよりもクリルオイルを摂れば全てを同時に摂れるので効率が良いです。

また、オメガ3(DHA・EPA)はその効果が高い反面、酸化しやすいのが難点です。
ですが、クリルオイルにはアスタキサンチンという成分が含まれているため、酸化しにくいと言われています。

アスタキサンチンは、にんじんに豊富なベータカロテンの一種で、活性酸素を除去し老化を防ぐ抗酸化作用があります。この強い抗酸化作用より、酸化しやすいオメガ3の変性が抑えられ、DHA・EPAの効果を存分に得られることが可能になります。

このように、とても吸収率が高く酸化しにくいクリルオイル(オメガ3脂肪酸+リン脂質)は、魚油のオメガ3以上に健康維持や病気予防に活用するにはとても重宝する成分だということがわかります。

同じカテゴリー「クリルオイル」の一覧

クリルオイルの効果

クリルオイルのアスタキサンチン

クリルオイルについては、カテゴリー内で紹介しましたが、クリルオイルにあって魚油にない成分として注目したいのが、アスタキサンチンです。 オキアミが赤いことはご存じかと思います。その赤い色素が「カルテノイ […]

記事の続きを読む
クリルオイルの効果

クリルオイルに含まれるリン脂質効果

クリルオイルには、魚油にはないリン脂質が含まれています。 魚油によるDHA・EPAは、消化酵素により一旦分解されて体に吸収されるのですが、クリルオイルのリン脂質は、それ自体が乳化剤として体内への吸収を […]

記事の続きを読む
クリルオイルの効果

クリルオイルとは?

クリルオイルはあまり聞き慣れませんが、これはオキアミから抽出した油のことです。 オキアミは海に棲む動物プランクトンで見た目はエビのような姿をしています。 クジラの主食として知られ、クジラの大きな口に一 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    サイト管理人ごあいさつ

    初めまして。エイジと申します。 歳のせいでしょうか、倦怠感に襲われ集中力も持続せず・・・

    続きを読む

Copyright© 2019 DHA・EPAサプリメントの効果!血管&血液のエイジングケアを徹底検証

ページトップ