SBI FX口コミ

スクワレンの免疫強化作用

MENU

スクワレンのがん免疫力強化作用

スクワレン鮫肝油スクワレンは抗がん剤として古くから定評がありました。
鮫の肝油の有効成分として、1918年(大正5年)に油脂化学のパイオニア的存在の辻本満丸博士によって発見されています。
スクワレンという名もこの時に命名されました。

スクワレンは元々人の体の中に存在していて、特に皮膚や脂肪組織に多いことが知られていますが、注目されたのはその免疫力強化作用です。これはがんをはじめとする各種病気に対しての抵抗力の強化に役立つものなのです。

スクワレンはこれまでもその抗がん作用が数多くの医学者の間で研究され、その成果も報告されています。
以下にその内容を抜粋し掲載しました。

大分医科大学の桑野教授は「抗がん剤とスクワレンを併用して投与することで、抗がん剤だけ投与する場合よりもはるかに効果が上がる」「抗がん剤とスクワレンを合わせて投与すると、白血病に著しい効果がある」と報告されています。

また、国立がんセンター科学医療部の池田哲朗博士は「スクワレンの投与により、マウスの移植がんの肺への転移が著しく抑えられた」と報告。長野県厚生連北信総合病院の大熊博士は「スクワレンががんに対する免疫を強化する」と報告されています。

これらは、スクワレンがT細胞やB細胞、マクロファージなどの免疫細胞を活性化させることが実証されたことを意味しています。

自然界のスクワレンは、体内に入ると活性スクワレンになって新陳代謝を促進し、これによって細胞や血液をいきいきと健康な状態に保つことができるようになります。つまり、細胞の活性カと血液の浄化によって免疫機能を一段と強化できるようになるのです。

同じカテゴリー「スクワレンとがん」の一覧

squalene2-i

スクワレンのがん免疫力強化作用

スクワレンは抗がん剤として古くから定評がありました。 鮫の肝油の有効成分として、1918年(大正5年)に油脂化学のパイオニア的存在の辻本満丸博士によって発見されています。 スクワレンという名もこの時に […]

記事の続きを読む
squalene2-i

スクワレンの効果|癌細胞抑制

スクワレンは、癌の予防に効果があるのはマウスの実験からも確証済みなのですが、がんが発生している細胞に対して、その増殖を抑える方向にも効果的に働いてくれます。 国立がんセンターでの動物実験では、マウスの […]

記事の続きを読む
squalene2-i

スクワレンの効果|癌予防

スクワレンは癌の予防を考えるうえで、大変有効な成分であることが現在わかっています。 海外の研究者によると、様々な癌の予防効果をマウスでの実験で明らかにしました。 ●大腸癌の予防効果 マウスにスクワレン […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

    サイト管理人ごあいさつ

    初めまして。エイジと申します。 歳のせいでしょうか、倦怠感に襲われ集中力も持続せず・・・

    続きを読む

Copyright© 2019 DHA・EPAサプリメントの効果!血管&血液のエイジングケアを徹底検証

ページトップ